カテゴリ:道具( 2 )
めざせスキ名人
d0116261_23254474.jpgまた一つ,良い道具が仲間入り。
ララン♪S子です。

この前,師匠からスキ刃カッターを分けてもらいました。
いつも師匠がすいてくれるので,見てると簡単そうで,気持ち良さそうにスーーッとすいてます。
自分でやってみたくなり,分けてもらいました。

オルファ,オルファ♪のスキ刃カッターです。
スキ包丁やミシンのようなスキ機がない私には,とっても重宝してます。

四辺の糊しろ部分をすいて,曲げやすく,重なりやすくするときにスキ刃様登場するの。
師匠は,カッターマットの上で平坦でやってますが,私は箱の上に置いて段差つけてスキっちゃってます♪
私はこの段差ある方法がやりやすい。

今日,2008年用のダイアリーブックを作ろうと,革をカット。
これが,また,簡単そうで,難しい。
革の繊維の方向があるから,ひっかかって,すくの難し~い。
革にも当たりハズレあり??
難儀してます。
修業中なので,あちこち表まで,突き通し,指まで切っちゃった。
危ない代物です。

でも,これですくと,後が曲げやすいです。

前回,アドレス帳を作った後,紐でくくらないと,中の帳面がピラーンと開くので,落ち着かないよって,師匠に相談したら,「財布でも曲げて使うものは,曲げた状態で接着するんだよ。まぁ使っていくうちに,自然に閉まるように落ち着くよ。次回から,曲げたままで接着してごらん」と。

やっぱり,そのものの専門家の技は,違うのね。

あー,きれいにスキっちゃえなかった,この二枚の革は・・・,捨てるのもったいないので,
見返し厚紙で,ごまかしちゃいます。イヒヒ。
[PR]
by seihonlab | 2007-09-29 23:36 | 道具
お道具箱に仲間入り
お久しぶり!研究員S子です。

最近はまっている,レザークラフト。
その師匠から革のはぎれを分けてもらい,革を使って,糸とじ製本してみました。

みんなバッグや財布作ってんのに,ここの教室でも,自由にしたいことをさせてもらっている,ありがたや~。恵まれた環境にいるS子です。
(研究員のみなさん,革が欲しい時には,私の師匠がサイズカットして分けてくれるから,いつでも連絡して下さい)

どうも普通に糸のこ使うとユルユル~になるのが,許せない(性格?)
引っ張りすぎると,本文の穴が裂けちゃう~。
これ,糸とじした時の悩みでした。

名誉顧問から「引っ張りすぎないこと」「革と紙が薄いのが原因?」「丸穴がおすすめ」と有難いアドバイス受けたは,いいものを,どうやって,小さな穴を綺麗に開けるの???
うーん…

d0116261_141093.jpgテキストの道具81ページみたら,スクリューポンチとあるし,名誉顧問も「ポンチで穴開けて」ってアドバイスだったし…。きっとこれだね。

しかし,スクリューがついてるポンチ?どんなポンチ?
ちょいとネットで検索。ほほぅ。
ここでオークションで出品されてないか確認。
ナイスタイミング,ありましたー。しかも他のお店より安い。これは,私に買ってーと訴えているみたい。

こりゃぁ,もう即ゲットし,使ってみました。
トンカチでトントン♪して穴あけなくても,
ググーーッと手で押すと,軸が回転して,先の丸い刃物で切る仕組み。
この先が,径1.5,2.0,2.5,3.0,3.5,4.0と変えられる優れもの。

d0116261_14112656.jpg夜中,穴あけしたくても,トントン音がうるさくて,マミーが「眠れない」という訴えが出て(当たり前ね),トントン開けられない問題も解消。

今回,1.5mmの穴を開けてトライ。

糸のこで縫い目を作って縫うよりも,私には,縫いやすく,良い穴でした。

まぁ,でも,研究結果的には,穴もだけど,革と紙の厚さ,私の引っ張り具合も関係が十分にあるみたい。
d0116261_1412135.jpg今回は,100円ショップの色画用紙&ちょっと厚めの革の切れ端をそのまま使い,製本。
もう一つは,システム手帳についていた,アドレス帳を使って,ハトメを両側につけて,三つ目綴じしたもの。

次回は,薄い写真アルバムの紙を使って,この丸穴の良さと糸の引っ張り具合の関係・・・リベンジ研究です。

ともかく,このスクリューポンチは便利。
大事な道具箱に仲間入りし,定番道具になりそうです。
[PR]
by seihonlab | 2007-08-18 14:04 | 道具